FC2ブログ

おもちゃばこ いっぱい楽しいこと 詰め込めたらいいな^^

じじの玩具箱

 

あまりに久しぶりすぎて ここの存在忘れたのかなとお思いでしょうねw
なかなかINすることもできないまま時が流れてしまって^^;
決して忘れてたわけじゃないんです
気持ちがここへと向かうことが出来なかっただけです
理由は特にはないのだけどねw

とにかく俺はそこそこやってます^^

IMG_8622.jpg










IMG_8980.jpg


IMG_8973.jpg

IMG_8976.jpg

なんだか使い方まで忘れてるw


  1. らくがき
  2. / comment:4
  3. [ edit ]



ずいぶんとご無沙汰しております
この間いろいろあったような なかったようなw

まっ とりあえずは元気でやってます

恒例カレンダーも仕上がり 久しぶりにのんびりとしたクリスマスイブです

みなさん よき聖夜を!


12_20191224183754462.jpg 


来年のカレンダーより

  1. らくがき
  2. / comment:4
  3. [ edit ]




もう6月も半ばになってしまいました
いつもながらのご無沙汰です

まずは近況報告です
令和になってひと月5月末をもって長年勤めた居酒屋を辞めました
いろいろと理由はありますがそこは割愛w
やっと自分を解放することが出来ました

今は溜め込んだ疲労を回復させながら次への準備期間
やろうとしてたことをのんびりとやっています

懸案だったロッドスタンドを作り


DSC_0459.jpg



ガレージの空きスペースに^^




 
IMG_20190603_214219_709.jpg




そうすると釣りへと向かうのは釣り師の常w





DSC_0466.jpg 



川の宝石たちと戯れました





DSC_0463.jpg 




東京へも行ってきました





DSC_0482.jpg 




一月に亡くなった友を偲び 奥様と友たちと一献
みんなで泣いて泣いて笑って故人を思いました
久しぶりの友との再会 奥様との時間
この時をくれた亡き友に感謝!





DSC_0472.jpg 




翌日 以前北を訪れてくれた友親子とその娘の友人の生まれた子に癒されもしました^^
人見知りもせず ほんと可愛かったなぁ
元来子供は苦手な俺も思わず抱っこしちまったw




DSC_0475.jpg 




その夕方からは俺が学生時代たくろうにいかれてた時の仲間
「IHC(市川変態組合w)」の集合合宿ww
もうリラックスしまくりで我が家に帰ったような感覚
容姿は変われど 話し方・性格はあの頃のまんま
俺の愛すべき仲間に乾杯!!!





DSC_0480.jpg




そして
次なる俺の仕事への準備も着々と進めています
資格を取るための通信講座も終え 資格試験も受け
後は合否の通知を待つのみ
このベッドでわかるよね
整体ボディケアセラピストやります

居酒屋に居たけれど 多対1が苦手だった俺
じっくりと人と向き合いたい そう思ってます




 
DSC_0485.jpg



そんな日々を送ってます
とりあえすは元気でやっております^^









  1. らくがき
  2. / comment:20
  3. [ edit ]





俺のカメラ歴なんかコンデジ含めたかが20年弱
一眼に憧れて始めて10年くらいか
ブログを通して
伝えたいこと 残して見て欲しいこと
たいしてあるわけじゃない

けど

我慢ならぬニュースが多すぎる

いきること
いのち
もっと大切に考えて欲しい



今年のカレンダーの題材にした「いきものたち」

かれらのほんとの姿 目をそらさないで見つめて欲しい

そんな思いを込めてアップしたものを今一度ここに残したい!




いつも写真UPするたびに


綺麗 かわいい

そんなコメントをいただける

いきものたち


でも

僕らが見ているものなんてのは

ほんの一部分


生というものは

もっと偉大で威厳のある

尊いものなのです




 


  

 


 


 
 

 


 


 
 









 






 




  

 

だから
だから
素晴らしいのです 

尊いのです




 
 

生きるということは
ただそれだけで
美しいのです

だから
生きるためならば
どうか
闘ってください


生きなさいな!
死に急ぎなさんな!

 

 


  1. らくがき
  2. / comment:6
  3. [ edit ]



今年は年頭からいろいろあった
まずは久しぶりの風邪でやられた 
休めないし何かをする気力も失せるほど一週間は相当な苦しみだったなぁ
そこを乗り越えやっと仲間との年始の楽しみワカサギ釣り 
去年は痛恨の油忘れで天ぷらができなかったw
今年は忘れないようにと準備万端!
仲間を迎えに行き さぁ行くぞ~~~!
がしかし 出発して15分 車中の会話の中で餌を忘れたことに気付くwww
取りに戻るがまた同じ道を来るのがなんとも・・・
そうだ どうせなら網走湖に行こう! 予定は未定で即変更^^
仲間はコンビニでアルコールを買い 朝7時からプシューって(* ̄m ̄)プッ
そのおかげか 釣果もものすごく楽しい会となった
昼近くになって ポケットの中の携帯がブルブルとしつこくバイブする
ネット繋がり いや実際に帯広でも東京でも何度も会っている友の携帯からだった
付き合いは15年くらいかなぁ
彼の発信するブログやコメントは楽しくてね 
俺が苦しい時や辛かった時 ほんと救いになってたんだ
その彼が 俺が毎年作ってたカレンダーが欲しいと初めてコメント
入退院を繰り返していた彼 コメントにもいつもの力が無い
これは贈らねばと思い 8日に送った
携帯から聞こえた声は女性だった 奥様だった
主人が11日永眠しましたと。。。
今までのお付き合いありがとうございました
じゃがいも アスパラいつも楽しみにしてました ほんとありがとうございました
一瞬言葉を失い絶句してしまった
楽しんでる仲間の手前 必死で堪えた
小便してくるわ テントを出る 堪えてたものが止まらない 小便も止まらないw
よこ~~~!と彼の愛称をこころの中で叫んだ
後日 葬儀に参列した仲間から ここにカレンダーを貼るんだと決めて楽しみにしてたんです
一月分だけ一緒に 残りは綺麗なものだから飾らせてもらいますと奥様が言ってたと聞いた
以前TVで清水国明さんが北海道をバイクで旅した番組があった
釧路の近く 塘路湖のほとりで暮らす友人に会いにきたが友人の姿はない
その友人は俺の知り合いでもあった 釣りやカヌーが趣味
しかし その友人が亡くなってたのは俺は知ってた
清水さんは言った 人生の明日はわからない この年になるとこういうことがよく起こる
楽しみや夢ややりたいこと先に延ばしてる暇はないんだよなぁ
深くこころに蘇ったその言葉
今年 還暦を迎える俺
友や知り合いにも勧められてることがある
自分の性格からもそれは合ってると考えてる
そして行動に移そうとしてる
今のままじゃ やりたいことも自由にはならない
先のことはわからない けどやってみようと決めた

やるしかねぇ! やるなら今しかねぇ! 唄の文句じゃないけど そう思ってる


1_20181226015934019.jpg 


俺にしては長い文だなww




  1. らくがき
  2. / comment:10
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

 

プロフィール

K's

Author:K's
日々を感じたまま撮るのが好きです
このでっかい大地が好きです
暮らしの中での
ひとこまを綴っていこうと思います

リンクフリーではありますが
会話を大切にしたいと思っています
一言コメントいただけると幸いです
本人飛び跳ねて喜びます^^

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

« 2021 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

月別アーカイブ

09  04  02  12  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

アルバム