おもちゃばこ いっぱい楽しいこと 詰め込めたらいいな^^

じじの玩具箱




「昨日こちらに来て ばんえい競馬を見ました
 思い描いてたような光景見れなかったんですけどね
 通りかかりに白鳥を見て撮ってみたいと早起きしたんですよ」
白鳥の朝 東京から来られたTさんご夫妻から声をかけられた

「俺はこの後馬の追い運動を撮りに行くんです
 母馬の運動不足と安産のための運動です 力感と迫力ありますよ
 予定がなければ ご一緒しませんか?」
借りられてた車を残し ひとみ号で行く

抜けるような真っ青の空 白く果てしない大地 防風林
道すがらご夫妻は「まさに北海道ですねぇ」
ニコニコしながら会話して到着


IMG_0022.jpg






吐く息が白く流れる
舞い上がる雪煙





 
IMG_9909.jpg




母馬たちの大きなお腹
響く足音





IMG_9945.jpg 




駆ける音に圧倒される
ピントなんかどうでもいいとまで思う





IMG_9966.jpg 










IMG_0023.jpg 









IMG_9985.jpg 




「すごいですね いいもの見せていただきました」
「こちらこそ一緒に楽しめてよかったです」

十勝らしい風景を少し見てもらってお別れする


風景もひとも同じ
一期一会

感じていたいなと思った







IMG_9912_20160128014235b2f.jpg 









  1. My Photo
  2. / comment:16
  3. [ edit ]

  1. 2016/01/28(木) 10:34:44 |
  2. URL |
  3. いゆ
  4. [ edit ]
迫力の写真だね!!

しかし、、、素敵な出会いだね。
今のご時世、知り合ったばかりの人とそんな風に一緒に…って珍しいとさえ思います。
警戒心の方が勝ってしまうというか。。。
北海道とK'sの人柄がそうさせるんだろうね!

  1. 2016/01/28(木) 11:27:40 |
  2. URL |
  3. 真知子
  4. [ edit ]
K’sさん、こんにちは^^

お馬さんたちもほんと美しいですね♪

お馬さんというとサラブレッドを思い浮かべることが多いですが、種類は関係ないなと見ていて思います。

その時にお会いした方と時を共有し、互いがいい時を過ごせるって、とっても素敵です!

  1. 2016/01/28(木) 22:45:07 |
  2. URL |
  3. あれく★
  4. [ edit ]
お母さんたち一生懸命走ってるね(*´▽`*)
本当に力強い!
実は「お腹重いわぁ~(;´Д`A ```」「足が冷たいわぁ~(;´Д`A ```」
とか思っていそうだけどw
私なら絶対そう思ってるw

いゆ

  1. 2016/01/29(金) 01:51:27 |
  2. URL |
  3. K's
  4. [ edit ]
いつ行ってもこの力感が腹に響くよ

そだよねw
俺も後から思ったわ 今時珍しいかもね
人相の悪い俺を信用してくれて感謝ですw

真知子さん

  1. 2016/01/29(金) 01:57:19 |
  2. URL |
  3. K's
  4. [ edit ]
サラブレットも好きでね
中山で学生時代バイトもしてましたw
でもひとと一緒に働いてきた歴史を持つこの馬達
1t近い体躯その迫力が俺にはたまんないよ

せっかく来たのだから 北の十勝を感じてくれたらいいなって思ったんだ
ひとりで見るよりも誰かと一緒はやっぱ楽しいわ

あれく

  1. 2016/01/29(金) 01:59:55 |
  2. URL |
  3. K's
  4. [ edit ]
うん この寒さの中がんばって走っていたよ
ん~一周800mのトラックを3周するんだけど
毎回帰りのゲート近くで止まりそうになる
馬達もあれくと同じ気持ちかもねww

  1. 2016/01/29(金) 19:25:40 |
  2. URL |
  3. rupuria
  4. [ edit ]
こんばんは。
すごい迫力ですねー
東京にきたT夫婦も
驚いているでしょうね。
こんな風景、普段なら、
絶対見れないですね。
母馬たちの大きなお腹。
気にせず走る馬。
そちらでしか見れない風景
をありがとうございます。

rupuriaさん

  1. 2016/01/30(土) 01:42:44 |
  2. URL |
  3. K's
  4. [ edit ]
ここでは柵ぎりぎりまで近づくことができるから
駆ける足音 息遣いまで聞こえますよ
ばんえいにはない鞍もつけていない馬のほんとの姿すごいですと
楽しんでもらえましたよ
冬にこんな風に見られるのは数少ないだろうね

(´┐`)/

  1. 2016/01/31(日) 18:48:25 |
  2. URL |
  3. グレ子
  4. [ edit ]
ふれあい。。っていいですよねー。。(´┐`)。。
こっちじゃあ観光客にお勧めできるのが、食べ物とか温泉とか、静かなものばかりだからなー。。(´┐`)。。

グレさん

  1. 2016/02/01(月) 00:12:03 |
  2. URL |
  3. K's
  4. [ edit ]
こういうふれあいがあるからやめられないよね
今回はたまたまばんえい競馬を見たと聞いたので
もっと自然に近いものをとね
同じカメラの趣味だからきっと喜んでくれると思ったんですよ

灯台下暗しでなかなか気付きにくいけど
地元の良さはあるとおもいますよ^^

  1. 2016/02/01(月) 19:41:28 |
  2. URL |
  3. marin
  4. [ edit ]
馬はすごく美しいですよね。大好きです。
ずいぶん前には、馬に乗りに海外の牧場へ行ったり、サラブレッドの子どもを見に日高の牧場に行ったりしました。

でも、ばんえい競馬は見たことがなく、「馬の追い運動」というのは知りもしませんでした。
すごく力強くていいですね。すらりとした馬とはまたちがう美しさがある。

冬の北海道と考えるだけで、寒がりの私は震えちゃうけど、こういう光景が見られるなら行ってみたいと、少し気持ちが変わりつつあります。

marinさん

  1. 2016/02/01(月) 20:39:52 |
  2. URL |
  3. K's
  4. [ edit ]
美しいですよね
そっかぁ 日高へもですか 俺も札幌に居た頃は日高のほうへよく行きましたよ
サラにしろばんえいにしろとかく走るために作られたとか重い荷物をなんで今挽かせるのだとかいろいろな反対もあるけれど
俺はね そんな前にただ一生懸命走ったりひととともに働いてきた馬たちを見てすごいなぁって感動するし その姿が美しいって思うんだ

俺の北への誘いの罠にかかりそう? ( ´艸`)ムププ

  1. 2016/02/04(木) 17:58:54 |
  2. URL |
  3. さくら杏♪
  4. [ edit ]
迫力だねえ・・・おかあさんは、どこの世界でもがんばっているんだね。

足音をきいてみたいです

あん

  1. 2016/02/07(日) 01:49:44 |
  2. URL |
  3. K's
  4. [ edit ]
そだねぇ 母は強しだね^^

聞きにおいでよ ずっと待ってるからね^^

  1. 2016/02/20(土) 22:20:38 |
  2. URL |
  3. みるく
  4. [ edit ]
是非 行って実際に見てみたい。

みるく

  1. 2016/02/21(日) 01:10:33 |
  2. URL |
  3. K's
  4. [ edit ]
おいで^^
連れてってあげるよ
冬限定だけどね でも9時半からだから少しは暖かいw

 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

K's

Author:K's
日々を感じたまま撮るのが好きです
このでっかい大地が好きです
暮らしの中での
ひとこまを綴っていこうと思います

リンクフリーではありますが
会話を大切にしたいと思っています
一言コメントいただけると幸いです
本人飛び跳ねて喜びます^^

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

アルバム